東京ソラマチ(スカイツリータウン)で愛犬とショッピング♪【店内犬連れ可】

「東京ソラマチ」は「東京スカイツリー」の下にある商業施設です!
プチプラからミドルレンジのブランドまでのアパレルショップや雑貨店、
下町ならではの食品店も含めて300店舗がお店を構え、
愛犬を完全にケージに入れた状態にて、愛犬とショッピングを楽しむことができます!

住所

〒131-0045 東京都墨田区押上1丁目1−2

浅草、隅田公園、スカイツリー地図
浅草、隅田公園、スカイツリー地図

スカイツリーから墨田公園&東京MIZUMACHIまでは、あまりショップなどもなく少し距離を感じますが、普通に歩ける距離です。

浅草までは2km弱あり、往復するとなると色々見て回ることを考えると厳しい印象があります。

駐車場

30分ごとに350円(税込)

お買い上げ金額 ¥3,000(税込)以上1時間無料
お買い上げ金額 ¥5,000(税込)以上2時間無料
お買い上げ金額 ¥7,000(税込)以上3時間無料

※各店でお会計の際に駐車券をご提示ください。

※以下の店舗はサービスの対象外です。
東京スカイツリー(展望台入場券)、すみだ水族館、郵政博物館、イベント等の物品販売(一部を除く)、ATM、千葉工業大学、東武カードカウンター、献血ルームfeel 等

アクセス

東武スカイツリーライン  とうきょうスカイツリー駅すぐ
半蔵門線、京成押上線、都営浅草線 押上駅すぐ

sponsered link

ペットケースで愛犬と店内でお買い物♪

ソラマチの入り口には「ペットも持ち込み禁止」の文字の下に、「ペットをお連れになるお客様は、ペットを必ずケージにお入れくださるよう お願い致します。」との記載があります!

この通りなのですが、犬連れであっても、まったく引け目を感じることはないので、ルールは守りつつ、堂々と買い物を楽しんじゃいましょう♪

スカイツリーの展望台には犬を連れて登ることはできない。

300以上の多彩な店舗が織りなす、新しい下町

主なアパレルショップ↓

  • #ワークマン女子
  • earth music&ecology TOKYO
  • URBAN RESEARCH Store
  • INGNI
  • Air Bic Camera
  • ABC-MART
  • オニツカタイガー
  • オーバーライド
  • coen
  • サマンサタバサ アニバーサリー
  • ZARA
  • JILL by JILLSTUART
  • STÜSSY
  • Smith
  • Zoff
  • チャンピオン
  • Dr.Martens
  • ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ
  • BEAMS
  • フリークス ストア
  • PLAZA
  • マツモトキヨシ
  • Manhattan Portage
  • ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング
  • ユニクロ
  • RAGEBLUE
  • ロクシタン
  • ロフト
  • LOWRYS FARM

「ユニクロ」、「ZARA」といったプチプラブランドも軒を構え、もちろん駐車場割引も適応できるので何かしら購入するものが見つかりやすいのではないかと思います!

過去には「DOG DEPT」がありましたが撤退しています。。

スカイツリーの周りを散策♪

「東京ミズマチ」の周辺について、
1Fについては特に犬連れ不可なエリアはなく、愛犬をあるかせて散歩することが可能です。
2F、3Fについては非常にきれいなでお洒落なオープンエアーのガーデンがありますが、愛犬をケージに入れる必要があるので利用は難しいです。。

1F南側にフリーで座れる席が用意されていますので、ミズマチの食品街で購入して頂くと良いかも知れません。ただし屋根がないので夏場は注意です。

こちらのそばに「31アイスクリーム」と「クアアイナ(🍔)」がありますのでテイクアウトして食べるのが自分たちの定番です♪

2Fの様子はこんな感じ。ケージに入れることで休憩することが可能です。

2Fには「RIGORETTO」などテラス席がある飲食店がいくつかあり、ケージに愛犬を完全にいれることで愛犬と食事をすることができますが、顔が出せないのはかわいそうなので。。

ご参考までに「二子玉川」のRIGORETTOの記事は こちら です。
美味しいのに残念。。

↑完全にケージに入れる必要がありますが、「RIGORETTO」のテラス席の様子です。

チーズをメインとしたお店、こちらもテラス席がありますが、愛犬を完全にケージに入れる必要があります。

スカイツリーの前を流れる川です。

画像の下の歩道にも降りることができて愛犬と水の音を聞きながら散歩を楽しむことが可能です。

まとめ

  • ショッピングとしては、プチプラを愛犬と見れたり、お店がとにかく豊富なので、楽しめる貴重な施設だと思います!
  • 食事に関してはミズマチ内のレストランはいずれも愛犬を完全にケージを入れることが必要なので、ゆっくり過ごすことは難しい印象です。しかしながら、テイクアウトして南側のフリーの席を利用して美味しい食事を頂くことが可能です!
  • ミズマチまでは割とすぐなので、そちらで食事するのが良いですが。駐車場サービスなどは別となり、使うことができませんが、観光としてミズマチはおススメです。

東京ミズマチ、浅草エリアの記事はこちら↓

sponsered link
三宿、世田谷公園のサンデー (SUNDAY)の外観

最後まで読んで頂きありがとうございました!
もし少しでもこの記事が面白かったらTwitterのフォーローをお願いします!
感想なんかも頂けると、ありがたいです!